電子マネーの種類|フラット35で住宅ローンを組もう【金利の推移がなくなる】

電子マネーの違いを理解してお得に利用しよう

電子マネーのプリペイド型とポストペイ型を比較

プリペイド型

電子マネーのプリペイド型とは、お金を先払いするカードの事を指しています。あらかじめカードにお金を入れることで、入れられたお金だけを使うことが出来ます。カードに入れられたお金が無くなる度に入れなおさないといけない手間はありますが、使い過ぎを防ぐというメリットがあります。

ポストペイ型

電子マネーのポストペイ型とは、カードにお金を入れる必要がないカードの事を指しています。プリペイド型とは違い、後払いになっているので、利用したお金を後からまとめて請求されることになります。使用した金額を把握していないと使い過ぎの心配がありますが、お金を入れる手間が省けます。

使い分けられると便利

プリペイド型、ポストペイ型はそれぞれメリットがあるので、使いわけることが出来れば便利です。ここからは更に掘り下げて、電子マネーの種類について紹介していきます。種類の違いを理解し、使い分けることで、お得になるので確認して下さい。

電子マネーの種類

スマホとお金と鞄

商業系電子マネー

商業系の電子マネーは、主にコンビニやスーパーなどで利用出来るようになっており、普段の買い物をする時に利用するとお得です。買い物をする時に商業系電子マネーを利用すると、ポイントが貯まるシステムやキャンペーンがよく用意されています。なので普段現金で買い物を行なっている方はそれを商業系電子マネーに変えるだけでポイントが貯まっていくでしょう。

交通系電子マネー

交通系の電子マネーは、全国の様々な交通機関が提供している電子マネーです。こちらの便利な点は大手の10社が相互利用を可能にしたことで、カード1枚持っているだけで全国の様々な乗り物に乗ることが出来ます。毎日通勤などで交通機関を利用される方は、乗る度に現金を払う手間が省けてしまうので利用している方が多くなっています。

その他の電子マネー

電子マネーといえばカードタイプを考える方が多いですが、最近ではキーホルダータイプなども登場しています。少し前からはおさいふケータイなども出て来ました。おさいふケータイやキーホルダータイプは財布からカードを取り出す手間まで省いてしまっています。これから電子マネーはどんどん便利になっていくことが予想されるので、まだ利用していない方はこの機会にいかかでしょうか。

広告募集中